枇杷島公園
※ 旧西枇杷島町古城2丁目にある「枇杷島公園」の (左)トイレ (中)標識 (右)ベンチ

清須市内の公園

清須内の子どもと遊べる公園施設を紹介します。自宅の近くに公園がないなんていうお母さんのお話も良く耳にします。まずは、ここで見て下さい。
ちなみに、いわゆる「ちびっこ広場」のようなものは載せていません。公園法でいうところの公園だけにしました。「ちびっこ広場」は、大方が10年契約で土地を清須市が地主から借りていますので、いつ無くなるか分りませんから・・・。申し訳ありません。

さらに、清須市近隣で
■ 時にはゆったりと子どもと親子での時間を公園でくつろぎたい
■ お金を掛けずに、じっくりと一日遊びたい
こんな方へは清須市から程近い、名古屋城の北側にある「名城公園」がオススメです。

※ 公園デビュー: そういえば、こんな言葉がありましたね。お子さんを連れて行くと公園には同世代のお子さんも遊んでいたりします。お母さん同士も仲良くなるきっかけが公園にあるということなんでしょうね。
夫婦にとって、子は鎹なんていいますが、地域の縁を結ぶのにも子どもが役立ちます!って、ちょっと子どもに失礼な言い方かな?

清須市、旧西枇杷島町内

◆ 枇杷島公園(↑上記の写真もご参照下さい。)
枇杷島公園には、直ぐ下の写真の清須市営の野球の出来るグラウンドが併設されています。野球場の施設にはナイター設備はありません。

◆ 小田井城趾公園
城跡公園
● 小田井城の跡地にある公園で、小田井城跡公園内には石碑が建てられています。その小田井城は1481年(文明13)尾張守護であった織田敏定によって清洲城の支城として築かれ、織田敏定の弟・久孝(織田常寛と名のる)が初代城主になりました。その後は、代々清洲・織田家の城として使われましたが、津田忠辰(=織田忠辰、常寛から五代目)が城主の時に、羽柴秀吉によって廃城となったといわれ、その小田井城の跡地が公園となっています。また、小田井城跡公園の中には集会所があります。

◆ 上新公園
上新公園
● テニス場・小学生向け野球場もあります。

◆ 宮前公園
宮前公園
● 弁天神社(正式には、市寸島社)に併設されています。神社の中がよく見えない構造になってましが、一体化されると更に広々して良さそうです。また、写真の上側に小場塚・神明社もあります。

◆ 地領公園
地領公園
● この日は自治会役員の方でしょうか、集会所の掃除をなさっておられました。撮影場所から遠い方の白い建物が集会所です。

◆ 瀬部田公園(名古屋市の名称:こも原東公園)

なんで2つの名称があるのかというと、実はひとつの公園なのに半分が清須市、半分は名古屋市という変な公園なんです。
ですから、公園の草を刈るのも勝手に時期がずれたまま放置されたりします。この真ん中の写真も草こそありませんが、何となく右と左の様子が違いませんか。
瀬部田公園には、残念ながらトイレはありませんが、休憩場所はあります。

◆ 芳野公園(旧高丘製作所の前)
芳野公園
早朝には、お年寄りがゲートボールの練習に興じています。
子どもたちは、ここでも少ないですね。今日は3人でした。

清須市、旧新川町内

◆ 新川地域文化広場内の公園(カルチバ新川となり)
外町公園
● カルチバ新川に併設する形で公園があります。児童館も程近くにあり、児童館敷地内の公園でも遊べる地域ですね。

◆ 外町公園
外町公園
● 子どもたちが遊ばなくなったといいますが、これだけの自転車。
なんだかそれだけで嬉しくなりますね。

◆ 片町公園(松山神社の南側)
片町公園
● 場所:清須市鍋片(キシショッピングセンター近く)
● 公園には、珍しくバスケットボールのゴールが設置されています。
● 片町公園の真ん中には休憩所も設けられています。
● トイレは、北側(写真右側の右端)にあります。

◆ 上田公園
● 場所:清須市(豊和工業北側の跨線橋手前)
上田公園

◆ 元町公園

清須市、旧清町内

◆ 清洲公園
清洲公園
● 新幹線で分断されていますが、清洲公園、清洲古城跡公園、清洲城下公園が集まっている地域です。

◆ 清洲古城跡公園
清洲古城跡公園
● 北側には大規模駐車場を挟んで、清須市総合福祉センターがあります。

◆ 清洲城下公園
清洲城下公園
● 清洲城に来た人も、城下公園に来た人も駐車場が使えます。お年寄りが、ゲートボールをよくやってますよ。

◆ 丸川公園  清須市新清洲6丁目
丸川公園

◆ 西市場公園  清須市西市場
西市場公園
● 西市場区画整理事業で出来た公園で50cm程でしょうか盛り土されてます。

◆ 土田公園  清須市土田
西市場公園

サイトMENU

Copyright (C) 2007 「清須市インフォ」 All Rights Reserved.